ナックルアーム強化

カテゴリはVRX Racing Spirit (OPTION No.1イリュージョンTYPE-7)ですが、他のシャーシでも、また他の場所でも応用は出来ると思います

ステアリングナックルアームなんて、そうそう折れる事は無いと思っていたんですが、折れる物なんですね
ナックルアームはアルミ製のが販売されています、アップライトと合わせて、アルミ製に交換すれば、壊れる場所はサスアームに集中するので、オプションのアルミアップライト&ナックルアームに交換したいのですが、この2点左右セットで定価11000円以上もするのです、車体よりも高額(@_@;) ノーマルなら同じ数で定価600円台

アルミで硬いとは言え、消耗部品で車体よりも高額な部品は買う気にならない、(それ以前に金が無い)
高額なオプションパーツを幾つも買うぐらいなら、初めからハイエンドシャーシを買えば済む事ですしね、せっかく安いシャーシなので、出来る限り安く済まさないと、

いかし、こんな部品をどうやって強化するば良いものか??
ナックルアームだけでも、アルミで強化パーツを作るべきなのか、と考えたのですが、余りにも手間が掛かるようなので
簡単な方法を選びました

破損する部分にガラス繊維を、巻き付ける簡単な方法です

グラステープ

ナックルアームに溝を掘って、ガラス繊維を巻き付け、瞬間接着剤を染込ませました

ノーマルと較べるれば強度は少々上るでしょ、オプションのアルミ製には到底及ばない強度でしょうけど、元々それ程折れる事も無いですし、簡単、低価格と言う事で、良しとしています

ガラス繊維は車やバイクのパーツ製作や補修に使っていたので、大量に持っているのですが、この程度の使い道の為に袋から出してガラス繊維が飛散するのは嫌なので、フィラメントテープ(グラステープとも言う)からガラス繊維だけを剥がして使用しました

ガラス繊維だけ剥がすものの、粘着剤も付いて来ます、このままでは、瞬間接着剤が染込みませんので、パーツクリーナーで溶かして使いました

ここで問題が発生、予想はしてましたが、粘着剤を綺麗に取ると、ガラス繊維がバラバラになるのです、なので巻き付ける事が難しくなります

そこで、ガラス繊維がギリギリ解け無い位まで粘着剤を取り除き、瞬間接着剤を付けながら巻き付けました

このシャーシの場合ナックルアームのホイール側に隙間が有ります、隙間が無くなる迄溝を掘ってしまうと確実に強度が低下しますので、ガラス繊維を引っ掛けられる、最小限の溝にしてます、ガラス繊維の、ちゅうに浮いた部分を、そのままにするのは嫌なので、窪みには木工用ボンドを埋めときました、

樹脂用のボンドは樹脂を溶かす恐れも有ります、窪んでる場所なので、ガラス繊維の保護には木工用で十分です。
関連記事
  
【Ctrl】ボタンを押しながらクリックすると
連続で👇ボタンを押せます、宜しく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  

blogramで人気ブログを分析

コメントの投稿

非公開コメント

Translate
リンク👇 別館へGO!
プロフィール

mechagaku

Author:mechagaku
RC歴30年ブランクかなり有り、その他趣味は、車・バイクをいじったりサーキット走行(最近は乗るだけ)、釣り(主にルアー)、その他諸々遊び全般
好きな事、考える事
小2の頃、掃除機の吸引力低下に苦戦する親を見て、考える事数ヶ月で具体的な遠心力掃除機を思いつく、コーン型に辿り着く迄は3年程掛かりましたが、みたいな事を幾つも永遠と考え続けてしまいます。

RC改造ややや 設置よろしく
カテゴリ
ここに無い記事も↑カテゴリに
最新記事
カウンター
月別アーカイブ
memo mimi チャンネル
YouTube-logo-full_color (1)
趣味のリンク
Twitter ツイッター ついったー
ブログランキング
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
チャット
たまーに ONラインにしてます