タミヤDF-02、シャーシ リア強化

シャーシリア強化
今回はリヤ側強化です

タミヤ車に多い構造のようですが、サスアームの取り付け部がシャーシと一体で、サスアームの内側にしか有りません、又軸のシャフトはコの字型でフロント寄りは固定なし、と言う事で、リアタイヤは前からの負荷でシャーシの一部が折れてしまいます、
標準のモータならそれほど問題が無いと思いますが、パワーアップをして派手なクラッシュをすると、あっけなく破損=シャーシ交換、ギヤボックスも一体になってるので、殆どのパーツを乗せ替えになります、部品価格は安いですが、手間が掛かるのと遠出で壊れたら、がっかり度も高いです、

そこで簡単には壊れなくしました
画像を見ていただくと、すぐ解りますがサスアームの前に補強が入ってます、3mm厚のアルミです、左右の長さが違うのは、シャーシの内側の構造上です、より確実に固定する為に1枚に付きネジ3本を一直線に成らないように、サスアームに近い2本は皿ネジ、内1本はシャフトより内側に付いてます
使ったアルミは何かの廃材です、アルミにも種類が有りますが、固めのアルミです、
最初に現物合わせで、出来るだけ内側に寄せられるように削り、への字に曲げ、シャフト用の穴の位置とネジ穴の位置を決め、ネジ穴を開けます、皿ビス加工はヤスリの角でグリグリして作ります、これをシャーシに合わせ、シャーシに2.5mmの穴を開け、ネジで固定、
次は3mmのドリルをシャフトを通す穴に入れアルミ板に正確に穴を開けます、ギヤボックス内に貫通する手前迄掘ります
さすアームは隙間に入らなくなるので隙間に合う迄、削ります、折れるような素材では有りません、ヤスリでも削れません、鉛筆を削るように、カッターで削ります、
シャーシリア強化
次はシャフトの先端がテーパーに成ってるので少し削ります、
ギヤボックスに当たる部分をニッパーやヤスリで削り、サスアームが無い状態でシャフトを挿し上から見てシャフトが隠れるぐらいか確認、NGなら更に削る、(削れてるのに入らない場合、シャフトの先端を更に削る)
奥迄入ったら、サスアームをつけてチェック、シャフトのR部がサスアームに当たりますので、サスアームがスムーズに動くとこまでサスアームをカット、シャフトがリヤに、ずれるのを防ぐ為のアルミ板(画像参照)をアンダーガードの固定ネジで共締め(ネジはシャフトに到達しない長さに交換)
以上です

シャフトを奥に入れたのは、フロント側をシャーシに到達させる事で、より信頼性を高める為も有りますが、リヤからの負荷が掛かった時に、リヤ側のシャフトの突き出し量を減らす事でシャフトの撓み量を減らす事が出来ます、リヤからの負荷が掛かった時、例えば、右サスアームの負荷なら左サスアームの固定されてる部分で踏ん張る、って構造になってますので、撓み量が多い程、反対側の踏ん張りが利かず、付け根が折れてしまします、

比較的に簡単なわりに効果は大きいです。
関連記事
  
【Ctrl】ボタンを押しながらクリックすると
連続で👇ボタンを押せます、宜しく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  

blogramで人気ブログを分析

コメントの投稿

非公開コメント

Translate
リンク👇 別館へGO!
プロフィール

mechagaku

Author:mechagaku
RC歴30年ブランクかなり有り、その他趣味は、車・バイクをいじったりサーキット走行(最近は乗るだけ)、釣り(主にルアー)、その他諸々遊び全般
好きな事、考える事
小2の頃、掃除機の吸引力低下に苦戦する親を見て、考える事数ヶ月で具体的な遠心力掃除機を思いつく、コーン型に辿り着く迄は3年程掛かりましたが、みたいな事を幾つも永遠と考え続けてしまいます。

RC改造ややや 設置よろしく
カテゴリ
ここに無い記事も↑カテゴリに
最新記事
カウンター
月別アーカイブ
memo mimi チャンネル
YouTube-logo-full_color (1)
趣味のリンク
Twitter ツイッター ついったー
ブログランキング
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
チャット
たまーに ONラインにしてます