京商ギャロップ、リア、モノショック化ショックタワー

KYOSHO GALLOPと言えば、フロントのサスが、ガタガタ、ついでにモノショック、もう一つ言うとモノショックを押すアームが短いので
フロントの足回りはギャップに対してとても追従してくれます

それに対し、リアはって言うと、独立ダンパー

って事で、リアがギャップを拾うと対角線上のフロントサスが沈みます = 車体が暴れる・リアタイヤが跳ねてグリップを失う

と言った問題が有りました、(そんな風に考えてるのが私だけならごめんなさい)

大したスピードも出ないくせに、車体が跳ねる、しかもリアが…  最悪です

そこで、リアをモノショックにする事にしたんです

でもラシコンを始めて数ヶ月の中学生だったので、知識も無けりゃ、銭も無い、ほんでガラクタの中に1㎜厚のアルミ板が有ったのでアルミで作る事にしました、以前の記事でサスのガタ取りに使った物です

ハサミで切れるアルミ板なんかで、ショックタワーを作るなんて、余りにも無謀な行為ですが、カットは楽だし、そもそも、そんな物しか無いのだから、考えるしか無い!

ほんで作ったのが、これです  (実物が見つからず、捨ててる可能性が高いので似たような物を紙で再現しました)
ギャロップ リア モノショック化ショックタワー
実物は、もっとダンパーを立てられる形でした、確か肉抜きもしてたかな、機構だけ解れば良いかと、修正は手抜きです…

モノショックと言いつつ、実際はダンパー2本です

ツーピースの部品の下側の部品をギアBOXに固定してましたので、もう少し、こった作りだったかな?

ショックタワー本体は貧弱な1㎜厚のアルミ、そこで、ダンパーを挟む構造にする事で、単純に重ね合わせにするよりも、剛性が格段に上げられます

ショックタワーの、対クラッシュ性に対しては、剛性任せにしている構造の為、決して強くは有りませんが

ギャロップは、しっかりとしたロールバーが付いている上、パイプボディーなので、ショックタワーのデザインと取り付け位置の自由度が高いので、タイヤからロールバー迄のラインより内側に納める事で破損のリスク軽減する方向で設計しました

そして画像を見て既に気付いてる方も多いと思いますが、このショックタワー、ネジ1本でフローティングマウントにしてるんです

なので、片方のタイヤがギャップを拾うとショックタワー自体が動いて、反対側のショックも縮める構造なんです

ギャップを拾ったタイヤは、ストレスが少なく上がり、反対のタイヤはギャップを拾った側の力でサスを下方向に押し付けます

結果、車体が跳ねない、波打ったオフロードの路面を舐めるように走りました

試作感覚で作った、ちゃっちー作りで、センターの軸受けにはメタルも何も付けてませんので、長期的に使える物では有りません

長期間使用するならオイルレスメタルか樹脂製の軸受け位は必須です

あと、こんな機構にも関らず、スタビライザーが付いてませんので、このままだとロールは大きくなります

因みに画像のダンパーは、レースで貰った実用可能なキーホルダーです、スコーピオン・トマホークのかな?キーホルダーだけの特別仕様でKYOSHOと書いて有ります、無意味な情報ですね。
関連記事
  
【Ctrl】ボタンを押しながらクリックすると
連続で👇ボタンを押せます、宜しく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  

blogramで人気ブログを分析

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

Translate
リンク👇 別館へGO!
プロフィール

mechagaku

Author:mechagaku
RC歴30年ブランクかなり有り、その他趣味は、車・バイクをいじったりサーキット走行(最近は乗るだけ)、釣り(主にルアー)、その他諸々遊び全般
好きな事、考える事
小2の頃、掃除機の吸引力低下に苦戦する親を見て、考える事数ヶ月で具体的な遠心力掃除機を思いつく、コーン型に辿り着く迄は3年程掛かりましたが、みたいな事を幾つも永遠と考え続けてしまいます。

RC改造ややや 設置よろしく
カテゴリ
ここに無い記事も↑カテゴリに
最新記事
カウンター
月別アーカイブ
memo mimi チャンネル
YouTube-logo-full_color (1)
趣味のリンク
Twitter ツイッター ついったー
ブログランキング
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
チャット
たまーに ONラインにしてます