青柳金属工業サイドワインダー

旧車の紹介です、ボディーは有りません
友達から貰って、2年程?で友達に譲って、約25年後に又戻って着ました、ダンパー以外は2年前に整備済み

今は無きAYKレーシング、青柳金属工業は日本のラジコン第一ブーム、第二ブームとも言われてた頃、ラジコン界のシーンを支えてたメーカーの一つと言っても過言では無い会社だったと思います
そんなAYKが80年代に販売した、電動2WDレーシングバギー、サイドワインダー

この当時は金属パーツを多用したモデルが多かったんですが、さすが金属工業と社名に有るだけに、金属だらけ、樹脂パーツは殆ど有りません、一番大きな樹脂パーツはリアのセミトレーリングアームです、これもアルミダイキャストだったら、かっこ良かったんですが、と個人的には思います
AYKサイドワインダー1
今時のシャーシはコスト面や軽量化と言った問題も有るので樹脂が多用されてます
オプションでアルミパーツも沢山出てますが、高価だし、削り出しのアルミに派手なアルマイト処理が、施された物になります
はっきり言ってオモチャぽい

やっぱりアルミ・ジュラルミンはアルマイトでも自然な感じのシルバーに、そしてダイキャストパーツの多用がオモチャっぽくなくてカッコイイです

この頃ラジコンショップの前に行くとショーウィンドウに、京商トマホーク・スコーピオンや田宮ファイティングバギーと言った金属だらけのシャーシが展示して有るのです、スーパーカー世代って事も有り、車好きの少年が沢山居た時代ですから、こんな金属だらけのマシーンが目線のガラスの台に乗ってれば、そりゃ興味出ますよね

少年が今まで手にした玩具と違い、見れば見るほど無駄が無い、一つ一つの部品にしっかりとした役割があり、そして本気で戦う為に開発されてる事が伺われます、玩具のようで玩具では無いような?

物理好きの子供には刺激が強すぎるかな
AYKサイドワインダー2
この車が全盛期の、2駆電動オフロードと言えば国産でスコーピオン・トマホークがレースシーンを君臨してた時代ですが、そんな中、AYK SIDEWINDERが唯一のライバル車と言えたシャーシです

京商は復刻版を販売しているので、スコーピオン・トマホークは現代に復活しましたが、青柳金属工業はもう存在しないのでサイドワインダーの復刻は有り得ないのです、悲しいですね

私がRCメーカーの経営者なら、もう存在しない会社なんだから、他の問題もクリア出来るなら復刻させますけど、勿論採算も合うように出来ればですが

どこかのメーカーでAYKの代わりに復刻させてくれたら嬉しいのですがね、
代わりに作れば話題性も高いですし  (と書いてメーカーを煽ります) 

無理だわな。

関連記事
  
【Ctrl】ボタンを押しながらクリックすると
連続で👇ボタンを押せます、宜しく!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

  

blogramで人気ブログを分析

テーマ : ラジコン
ジャンル : 趣味・実用

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

venushack.com

RCラジコン改造ややや +趣味 青柳金属工業サイドワインダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは

ビックリしました!
サイドワインダーが載ってるじゃないですか!

マイガレージのサイドワインダーも復活させるべく部品を収集中です結構厳しいですが代用できるパーツ等でどうにか走らせようと奮闘中です
メーカーが無くなってるので再版ナイと思うと更に燃えてきます!

最近では滅多に見られない写真が見れました
ありがとうございます
Translate
リンク👇 別館へGO!
プロフィール

mechagaku

Author:mechagaku
RC歴30年ブランクかなり有り、その他趣味は、車・バイクをいじったりサーキット走行(最近は乗るだけ)、釣り(主にルアー)、その他諸々遊び全般
好きな事、考える事
小2の頃、掃除機の吸引力低下に苦戦する親を見て、考える事数ヶ月で具体的な遠心力掃除機を思いつく、コーン型に辿り着く迄は3年程掛かりましたが、みたいな事を幾つも永遠と考え続けてしまいます。

RC改造ややや 設置よろしく
カテゴリ
ここに無い記事も↑カテゴリに
最新記事
カウンター
月別アーカイブ
memo mimi チャンネル
YouTube-logo-full_color (1)
趣味のリンク
Twitter ツイッター ついったー
ブログランキング
最新コメント
検索フォーム
QRコード
QR
RSSリンクの表示
チャット
たまーに ONラインにしてます